機密文書やハードディスクからの情報漏洩を防ぎ、大切な顧客情報や秘密文書を確実・安全に抹消いたします。

  1. トップページ
  2. ニュース&トピックス

ニュース & トピックス

ご存知ですか?廃棄書類の処分方法にもいろいろ種類があるんです。

2016年11月26日

皆さん、こんにちは。
RDVシステム協議会事務局の粕谷です。

 

 

今週は大きな地震があり、大変な1週間でした。
事務局は仙台にあるので、5年前の東日本大震災が思い出されて
ぞっとしてしまいました。公共交通機関も麻痺して、私なんか自転車で
通勤するはめになってしまいました。

 

 

私たちの生活の中では、災害以外にも様々なリスクがあります。
個人情報の漏えいなんかも最近だとよく聞くリスクです。
地震に対する備えをするように、個人情報の漏えいについても何らかの
対策をする必要があります。

 

 

皆さんは個人情報の漏えいについて何らかの対策を立てていますか?
前回の記事で、廃棄書類の処分方法についてご紹介する旨書かせていただきました。
今回の記事では、情報漏えい対策という視点も含めた廃棄書類の処分方法について
書かせていただきます。

 

 

廃棄書類の処分方法といえば、溶解という言葉が浮かぶと思います。
しかし、溶解以外にも処分方法があるのです。

 

 

①出張裁断

この方法は、大型のシュレッダーを搭載した車で排出元へ伺い、その場で書類を裁断する方法です。

この方法の最大のメリットは、『運搬中の漏えいリスクがない』という事です。

排出元の敷地内で書類の情報を無くしてしまうため、処分場所への運搬中の漏えいリスクがありません。

最もセキュリティの高い処分方法です。

 

より詳しい内容は:http://www.rdv.jp/service/cutting.html よりご確認下さい。

 

 

②回収搬送裁断

大型の破砕機を設置した処分場所へ運搬し、書類を破砕する方法です。
この方法では、処分場所までの運搬リスクが発生しますが、大量にある廃棄書類を一気に処分する事が可能です。

 

より詳しい内容は:http://www.rdv.jp/service/cutting.html よりご確認下さい。

 

 

③直接溶解

この方法も、溶解処理施設まで運搬するため、運搬リスクが発生します。しかし、段ボールごと直接、

溶解窯に投入するため第三者の目に触れるリスクがありません。

 

 

 

 

主な処分方法は以上になります。
それぞれの方法にメリット、デメリットがあります。予算や自社のセキュリティ要件によって、処分方法が変わってきます。

より詳しい内容をご希望の際は、ぜひ、当協議会までお問合せ下さい。問合せ先は以下になります。

 

・TEL:0120-738-674
・メールでのお問合せはhttps://s-ssl.jp/rdv.jp/about/inquiry.html の問合せフォーム
よりお問合せ下さい。

機密情報漏えいが与える影響

2016年11月01日

皆様、こんにちは。

RDVシステムズ 東京営業所 所長 森実(もりざね)です。

 

2016年10月24日

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が民間人の友人女性に国家機密の書類を漏らしていた

事件が発覚しました。

 

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2903825.html

 

この漏えい事件で韓国は大混乱に陥り、朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率も

一気に下がり、信頼を失うことになりました。

 

日本でも情報漏えい対策の重要性についての認識が高まり、

企業や団体を中心に、情報漏えい対策への具体的な取り組みが進んでいます。

しかし、公表されているものだけでも、情報漏えいに関する事故は頻繁に報じられており、

情報漏えい対策への意識は高まっているものの、事故の発生件数そのものは

減少していないのが実情です。

 

基本的に、公表される情報漏えい事故は、企業・団体が顧客の情報を漏えいしてしまう

「個人情報の漏えい」がほとんどであり、他企業の重要な情報を漏えいしてしまう

「機密情報の漏えい」は、公表されることはほとんどありません。

これは、企業が「個人情報の漏えい」を公表する義務を課せられているのに対して、

「機密情報の漏えい」は公表の義務もなく、企業間の話し合いで解決されるケースが多いためです。

 

「個人情報の漏えい」が起こってしまった場合、企業にはどのくらいの影響があるのでしょうか。

個人情報の漏えい事故による損害賠償額(慰謝料等)についての事例は、

発送や送付に掛かる経費を含めて、一人あたり数百円から数万円程度まで幅広く存在しています。

また、影響は金銭面だけにとどまらず、企業としての信用やイメージに悪影響を及ぼすこともあります。

 

このように、情報漏えい対策が不十分であるために、情報漏えい事故を引き起こしてしまった場合には、経済的損失に加えて、企業としての信用・イメージをも損なう可能性があります。情報漏えい対策は、単に重要な情報の流出、紛失を防ぐためだけでなく、企業そのものを守ることにもつながっていきます。

 

私たちの仕事がもっと世に知れ渡り、多くの企業様の情報漏えい対策の役に立つよう

これからも仕事に励みたいと思います!

2016年度合同安全講習会を開催しました。

2016年10月31日

皆さんこんにちは。

RDVシステム協議会事務局です。

 

10/27(木)、10/28(金)に2016年度合同安全講習会を開催致しました。

この講習会は、毎年10月~11月に実施しており、全国から協議会加盟登録店が一同い会して、

機密抹消サービスについて研修、意見交換等を行うものです。

 

今年は、株式会社キャリアカーサービスが担当する、三重県にて開催しました。

 

_dsc2053

 

 

今回は、全国20登録店中14登録店、21名が参加し、自社の取り組みやお客様からの声、

今後の取り組み等について発表、意見交換を致しました。

また、キャリアカーサービスが取り組んでいる文書保管サービスの見学も行い、データ消去以外の情報セキュリティに

関わるサービスについて知識を深めました。

 

 

img_1777     img_1778

 

 

_dsc2280

 

 

全国RDVシステム協議会は、こうした勉強会を定期的に開催し、情報セキュリティに関する知識、スキルの向上に

努めております。こういった取組を積み重ねる事で、お客様へ提供するサービスの更なる品質向上を目指しています。

機密文書の廃棄や、不要になったPCのデータ消去等で何かお困りごとありましたら、お気軽にお問合せいただければと

思います。

 

 

【おまけ】

講習会の後は懇親会を開きました。

 

_dsc2103     _dsc2097

 

全国各地から集まった登録店同士、親睦を深める機会として毎年行っています。

講習会よりも懇親会の方がみんな生き生きしていたような気がします(笑)。

情報セキュリティEXPO 秋に行ってきました。

2016年10月27日

皆様、こんにちは。

RDVシステムズ 東京営業所 所長の森実(もりざね)です。

昨日、『第6回 情報セキュリティEXPO 秋』@幕張メッセに行ってきました。

ちなみに5月に行われた情報セキュリティEXPO 春@東京ビッグサイト では

データセキュリティコンソーシアムのメンバーとして参加し、

30分間のプレゼンも行い、来場者も多く大盛況でした!

 

データセキュリティコンソーシアム

http://www.data-security-c.net/

 

_dsc1735 _dsc1754

 

 

今回は来場者として参加しました。

知り合いの方も多く出展しており、お互いの近況報告をすませつつ

今話題のVR(バーチャルリアリティ)を出展しているところを見つけ

純粋に体験してみました!

すごい感覚に襲われます。目の前にゲームの世界がいきなり広がるのですから。

引きこもりが増えないことを祈ります。

 

img_1730 img_1728 

 

img_1729

 

 

 

本日は年に一度の「全国RDVシステム協議会 合同安全講習」です。

今年の舞台は三重県!

まだお会いしていない方もいるので、今から楽しみです!

また近況報告します。

経済産業省 IT経営実践認定企業に認定されました

2014年02月14日

経済産業省が認定している『IT経営実践認定企業』に協議会の事務局である
株式会社RDVシステムズが選ばれました。

経済産業省 ITポータル
http://www.it-keiei.go.jp/award/2014/announcement.html#title06

経済産業省では、優れたIT経営を実現し、かつ、他の
中小企業がIT経営に取り組む際に参考となるような
中小企業等の事例を発掘し、その中でも先進的な事例を
IT経営実践認定企業・組織として認定しています。
詳しくは、上記URLのリンク先の経済産業省 ITポータルをご参照下さい。

2013年度全国RDVシステム協議会合同安全講習会が開催されました

2013年10月11日

本日、当協議会が毎年開催している勉強会「合同安全講習会」が開催されました。

 

この勉強会は、全国の登録店メンバーが一同に集まり、機密抹消サービスの向上及び

情報交換の場として設けているものです。

 

今年は、「BCP(事業継続計画」のセミナーを外部より講師をお招きして実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

開会の風景です。

協議会運営代表の挨拶の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社ISO Brainの吉田 様による、

BCP(事業継続計画)に関するセミナーを

受けました。

平成2 5 年度紙リサイクルセミナー ~ 機密 抹消 とリサイクル ~が開催されました

2013年10月10日

本日、平成25年度紙リサイクルセミナー~機密抹消とリサイクル~が開催されました。

 

詳細はこちら

 

このセミナーでは、当協議会の登録店である㈱ペーパーリサイクリング(㈱寺松商店)、

㈱丸升増田本店、㈱大久保が機密文書処理に関して講演を行いました。

また、今回この場において機密文書処理とリサイクルに関するガイドライン(案)を

発表致しました。

NAID®(機密抹消サービスの国際的機関)加盟に関して

2013年10月03日

諸外国の機密情報への意識の高さに比べ、日本国内の意識はまだまだ低いのが現状です。

全国RDVシステム協議会の運営事務局である株式会社RDVシステムズ、常任幹事会社である

金沢紙業株式会社、株式会社大久保、株式会社モリオト、株式会社ペーパーリサイクリング

の5社は、機密抹消サービス業界の発展を目指し、機密抹消サービスの国際的機関であるNAID®(ネイド)に加盟致しました。

 

NAID®とは、”National Association for Information Destruction”の略称で、アメリカに本部を

持つ機密抹消サービスに携わる企業の国際的な業界団体です。

NAID®の認証は、機密抹消サービス基準を満たすNAID®会員企業に付与され、機密を扱う上での

基準となっています。

 

 

詳細につきましては、下記ご参照願います。

 

 

高度情報社会である現代では、個人情報や機密情報の管理や取扱いがますます重要になって来ています。

企業がひとたび情報の漏洩を許せば、たちまち社会的信用は失われ、組織の存続すら危うい状況に陥るでしょう。

つまり、現代社会において情報の管理や取扱いは企業や諸団体にとって、最重要事項と言っても過言ではない

でしょう。

 

そんな中、全国RDVシステム協議会は1999年4月に発足しました。

当協議会は国内の機密抹消サービスのスタンダードを目指し、機密文書及びHDDなどの各種記録メディアの

データ抹消と共に抹消後の各種媒体の適正なリサイクルを行って参りました。

また、ISO27001の認証に基づいたサービスの展開とシュレッドマスター(サービス実務者)の教育を行い、

より安心で安全な機密抹消サービスをお客様に提供しております。

 

しかし、残念なことに諸外国の機密情報への意識の高さに比べ、日本国内の意識はまだまだ低いのです。

そこで、当協議会の運営事務局である株式会社RDVシステムズ、常任幹事会社である金沢紙業株式会社、

株式会社大久保、株式会社モリオト、株式会社ペーパーリサイクリングの5社は、日本国内の機密情報への意識を

更に高め、機密抹消サービス業界の発展を目指し、機密抹消サービスの国際的機関であるNAID®(ネイド)に

加盟致しました。

NAID®とは、”National Association for Information Destruction”の略称で、アメリカに本部を持つ

機密抹消サービスに携わる企業の国際的な業界団体です。

その目的は、機密抹消サービス業界の発展及び会員企業のサービス基準の向上と普及促進、行動規範の確立です。

NAID®はアメリカだけではなく、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアにも拠点を持ち、各地域の機密抹消サービス業界

の発展に貢献しています。

その活動として、会員企業のサービス普及支援や機密抹消サービス業界の広報、宣伝、行政への働きかけ等が

あります。

また、NAID®には独自の認証制度があり、その運用も行っています。

この認証制度(NAID Certification Program)は機密抹消サービスの第三者認証で、紙、印刷物、マイクロメディア、

コンピューターハードディスクドライブに記録された機密情報を抹消する移動式及び設置式の施設を対象にした

ものです。

このNAID®の認証は、機密抹消サービス基準を満たすNAID®会員企業に付与され、機密を扱う上での基準と

なっています。

 

当協議会は2012年と2013年に開催された” NAID Annual Conference and Expo”

に参加し、世界の機密抹消サービス業界の現状を肌で感じてきました。

その中で、市場の巨大さや機密情報を取扱う上での意識の高さを垣間見ることが出来ました。

今日、日本では機密抹消サービス市場は成熟期に至っていると言われておりますが、今回の会合を経験し、まだまだ我々にはやるべきことがあると確信しました。

企業のグローバル化が進む現代社会において、機密情報の取扱いは最重要事項

です。

それに伴い、機密の抹消や適正なリサイクルのニーズはますます増えると考えられます。

全国RDVシステム協議会は機密抹消サービスのプロフェッショナルとして、

お客様のニーズに応えるサービスの提供に努めて参ります。

第6回データセキュリティコンソーシアム勉強会に参加しました。

2013年08月10日

8/28(水)に東京で開催された「第6回データセキュリティ勉強会+いいね大会」に

参加しました。この勉強会は、データセキュリティ及びリサイクル関係企業、団体が

連携を組み組織している「データセキュリティコンソーシアム」が毎年行っている会です。

 

今年も、セキュリティや環境リサイクルに関する様々な取組を行っている企業や団体が

参加し、各々の活動内容のプレゼンや情報交換を行いました。

勉強会の様子をご紹介します。

 

今回も沢山の方が参加されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当協議会代表の松本がプレゼンを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懇親会の様子です。意見交換、情報交換、マッチングの場として

とても有意義な会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、今回参加されました企業・団体様、勉強会の音頭を取っていただいた

日東造機様どうも有難うございました。

ISMSサーベイランス実施中です。

2013年07月11日

2013年度ISMSサーベイランス真っ最中です!

今年もお客様に安心、安全を提供して行きます!

 

今日は、宮城県の大崎市にある共同システムサービスのサーベイランスを

実施しました。