機密文書やハードディスクからの情報漏洩を防ぎ、大切な顧客情報や秘密文書を確実・安全に抹消いたします。

  1. トップページ
  2. ニュース&トピックス
  3. お知らせ

ニュース & トピックス

第17回 2017年度合同安全講習会を開催しました

2017年11月08日

皆さんこんにちは。

RDVシステムズ 東京営業部 所長 森実です。

%e6%a3%ae%e5%ae%9f%e6%85%b6%e5%a4%aa%e9%83%8e%ef%bc%88%e8%a3%9c%e6%ad%a3%e5%be%8c%ef%bc%89

 

今年で発足17年目の全国RDVシステム協議会。

11月2日(木)3日(金)と第17回合同安全講習会を開催いたしました。

全国RDVシステム協議会では、発足以来毎年この時期に全国のシュレッドマスターを

招集し、機密情報抹消サービスの更なる発展・品質向上のための勉強会を行い、学びと交流を深めています。

この合同安全講習会は、登録店が拠点とする都道府県で開催され、毎年開催地が変わります。

去年は、三重県で開催、株式会社キャリアカーサービスへ行き、サービスの現状の説明や施設の案内などエスコー

トいただき、勉強会の後は、温泉旅館での懇親会で大変盛り上がりました。

また、サービス発展のために伊勢神宮のお参りなど充実した講習会になりました。

<去年 三重での開催>

_dsc2084 _dsc2280

 

そして今年は、日本の中心である東京で行いました。

<今年 東京での開催>

dsc03057 img_1988

13時からスタートし、17時までの長時間にわたり、「サービス発展のためにどのような行動をすべきか」をテーマに、マーケティングを専門にしている講師を招き、「今からできること」「今だからしなければいけないこと」など、人間の行動心理から今の時代だからこそ活かせるアプローチ方法など、大変充実した講義を受けることができました。

個人的にまず克服しなければ行けないこと、それは「ビジネスワード」でした。

講師の方の言葉や資料はカタカナが多めでしたので、その都度携帯でGoogle検索していました。

懇親会では、銀座という素敵な街のお店で交流を深めました。私は、まだまだ未熟者でありますので、こうした各

地で機密情報抹消サービスをされている方々の生の声がすごく勉強になります。

人口が多い東京・名古屋・大阪・福岡が抱える問題や、逆に地方が抱える問題など、これからの事を語りだせば話が尽きません。あっという間に時間が過ぎた気がしました。

翌日も協議会の皆様がもっと学びを深めたい出張裁断車両についての講義でした。

専門家を招き、改めて構造・点検方法などを学び、今後も高いサービス品質を継続して提供するための課題について、話を行いました。

 

 

最後に、

先月10月末にNHKの漏えい事件が報道されました。

https://4knn.tv/nhk-scandal/

マイナンバー、改正個人情報法保護法など、個人情報の扱いにはもう10年前、20年前とは違う時代です。委託業者を使うのも徐々に増えてきている時代。だからこそ≪ホンモノ≫の機密情報抹消サービスが問われます。

業者選定の際に、安さだけでいいのでしょうか?

ISO270001と取得してる業者ですか?(Pマークよりもより専門的)

万が一の漏えい保険に入っていますか?

「漏えい事故を起こしたらその業者のせいでしょ」

そりゃそうです。

しかしニュースでたたかれるのはその業者を選定した会社です。

 

私は、少しでも多くの人にこのサービスを知ってもらいたい。

必要とされるサービスであり、そうしなければいけないと思います。

 

「今ここにない未来は自分たちで創る」

 

これからもより多くの人に知ってもらえるよう、日々精進致します。

 

RDVシステムズ

東京営業部 所長

森実 慶太郎(もりざね けいたろう)

機密書類を紛失、散乱させる事故がありました。

2017年10月26日

読売新聞に掲載されたニュースです。 ※Rakuten infoseek Newsより

→ https://news.infoseek.co.jp/article/20171025_yol_oyt1t50049/

 

信用の失墜は、企業にとって大きな損失です。
コストを掛けずに処分することよりも万一の事故(リスク)を想定して、安全・安心に処分することが必要です。

全国RDVシステム協議会のメンバーは、ISO27001の認証を取得、お客様先へ出張して、お客様の目の前で機密書類を裁断する【オンサイトシュレッダーサービス】をご提供しております。是非、ご検討ください。

 

当協議会のご紹介 → http://www.rdv.jp/

7月3日(月)よりJQA更新審査(ISO27001)が始まりました

2017年07月06日

今年度は、ISO27001の更新審査となっており、全国20拠点の内、8拠点を対象に行われています。

更新審査では、事務室・パソコン・サーバー・シュレッダー車両のセキュリティ対策、シュレッドマスター(作業者)の力量評価、ISO27001で定められる文書類の記録・保管状況など、適切に運用されているか審査されます。

 

<審査スケジュール>

7月3日(月) RDVシステムズ(宮城県仙台市)

7月4日(火) RDVシステムズ(宮城県仙台市)、ペーパーリサイクリング(福岡県久留米市、福岡市)

7月5日(水) 角商店(福岡県福岡市)、エムアンドエー運輸(茨城県筑西市)

7月6日(木) ふじ産業(沖縄県島尻郡)、スリーエス物流(愛知県一宮市)、石川マテリアル(愛知県名古屋市)

 

ISO27001の運用を周知徹底し、機密情報を取り扱うプロとして、お客様に安全・安心なサービスをご提供しております。

 

 

~~ 審査風景 ~~

 

7月3日(月) RDVシステムズ

img_1742

 

 

7月4日(火) ペーパーリサイクリング(福岡県久留米市、福岡市)

img_1763  img_1755

 

7月5日(水) 角商店(福岡県福岡市)

img_1767

 

7月5日(水) エムアンドエー運輸(茨城県筑西市)

img_1764  

JQA更新審査(ISO27110) 更新審査 受審中です

2017年07月06日

本日は、当協議会メンバー3拠点の審査を終えました。
明日は、いよいよ仙台でファイナルミーティングですが評価がとても気になります。

・ふじ産業(沖縄県島尻郡)
・スリーエス物流(愛知県一宮市)
・石川マテリアル(愛知県名古屋市)

 

 

~~ 審査風景 ~~

ふじ産業(沖縄県島尻郡)

このメンバーは、定置シュレダー・シュレッダー車両・データ抹消車両を配備、出張・持帰り・持込みのサービス体制で紙・記録メディアの抹消に対応します。

今回は、定置シュレッダーによる機密書類の裁断作業とログ管理・教育管理・インシデント管理について審査しました。

img_1778  img_1780  img_1774

※右写真のシュレッダー車両にISO27001とNAIDのロゴがあります

 

スリーエス物流(愛知県一宮市)

このメンバーは、シュレッダー車両・データ抹消車両を配備、出張・持帰り・持込みのサービス体制で紙・記録メディアの抹消に対応します。

今回は、全てのシステム車両の出動により、事務所でログ管理・教育管理・インシデント管理について審査しました。

img_1772  img_1776

 

石川マテリアル(愛知県名古屋市)

このメンバーは、定置シュレッダーを配備、機密書類の裁断は持帰り・持込みのサービス体制で対応します。またデータ抹消車両を配備していませんが、ご要望によりデータ抹消装置を車載して出張データ抹消にも対応します。

今回は、定置シュレッダーによる機密書類の裁断作業とログ管理・教育管理・インシデント管理について審査しました。

img_1784  img_1790

経済産業省 IT経営実践認定企業に認定されました

2014年02月14日

経済産業省が認定している『IT経営実践認定企業』に協議会の事務局である
株式会社RDVシステムズが選ばれました。

経済産業省 ITポータル
http://www.it-keiei.go.jp/award/2014/announcement.html#title06

経済産業省では、優れたIT経営を実現し、かつ、他の
中小企業がIT経営に取り組む際に参考となるような
中小企業等の事例を発掘し、その中でも先進的な事例を
IT経営実践認定企業・組織として認定しています。
詳しくは、上記URLのリンク先の経済産業省 ITポータルをご参照下さい。

NAID®(機密抹消サービスの国際的機関)加盟に関して

2013年10月03日

諸外国の機密情報への意識の高さに比べ、日本国内の意識はまだまだ低いのが現状です。

全国RDVシステム協議会の運営事務局である株式会社RDVシステムズ、常任幹事会社である

金沢紙業株式会社、株式会社大久保、株式会社モリオト、株式会社ペーパーリサイクリング

の5社は、機密抹消サービス業界の発展を目指し、機密抹消サービスの国際的機関であるNAID®(ネイド)に加盟致しました。

 

NAID®とは、”National Association for Information Destruction”の略称で、アメリカに本部を

持つ機密抹消サービスに携わる企業の国際的な業界団体です。

NAID®の認証は、機密抹消サービス基準を満たすNAID®会員企業に付与され、機密を扱う上での

基準となっています。

 

 

詳細につきましては、下記ご参照願います。

 

 

高度情報社会である現代では、個人情報や機密情報の管理や取扱いがますます重要になって来ています。

企業がひとたび情報の漏洩を許せば、たちまち社会的信用は失われ、組織の存続すら危うい状況に陥るでしょう。

つまり、現代社会において情報の管理や取扱いは企業や諸団体にとって、最重要事項と言っても過言ではない

でしょう。

 

そんな中、全国RDVシステム協議会は1999年4月に発足しました。

当協議会は国内の機密抹消サービスのスタンダードを目指し、機密文書及びHDDなどの各種記録メディアの

データ抹消と共に抹消後の各種媒体の適正なリサイクルを行って参りました。

また、ISO27001の認証に基づいたサービスの展開とシュレッドマスター(サービス実務者)の教育を行い、

より安心で安全な機密抹消サービスをお客様に提供しております。

 

しかし、残念なことに諸外国の機密情報への意識の高さに比べ、日本国内の意識はまだまだ低いのです。

そこで、当協議会の運営事務局である株式会社RDVシステムズ、常任幹事会社である金沢紙業株式会社、

株式会社大久保、株式会社モリオト、株式会社ペーパーリサイクリングの5社は、日本国内の機密情報への意識を

更に高め、機密抹消サービス業界の発展を目指し、機密抹消サービスの国際的機関であるNAID®(ネイド)に

加盟致しました。

NAID®とは、”National Association for Information Destruction”の略称で、アメリカに本部を持つ

機密抹消サービスに携わる企業の国際的な業界団体です。

その目的は、機密抹消サービス業界の発展及び会員企業のサービス基準の向上と普及促進、行動規範の確立です。

NAID®はアメリカだけではなく、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアにも拠点を持ち、各地域の機密抹消サービス業界

の発展に貢献しています。

その活動として、会員企業のサービス普及支援や機密抹消サービス業界の広報、宣伝、行政への働きかけ等が

あります。

また、NAID®には独自の認証制度があり、その運用も行っています。

この認証制度(NAID Certification Program)は機密抹消サービスの第三者認証で、紙、印刷物、マイクロメディア、

コンピューターハードディスクドライブに記録された機密情報を抹消する移動式及び設置式の施設を対象にした

ものです。

このNAID®の認証は、機密抹消サービス基準を満たすNAID®会員企業に付与され、機密を扱う上での基準と

なっています。

 

当協議会は2012年と2013年に開催された” NAID Annual Conference and Expo”

に参加し、世界の機密抹消サービス業界の現状を肌で感じてきました。

その中で、市場の巨大さや機密情報を取扱う上での意識の高さを垣間見ることが出来ました。

今日、日本では機密抹消サービス市場は成熟期に至っていると言われておりますが、今回の会合を経験し、まだまだ我々にはやるべきことがあると確信しました。

企業のグローバル化が進む現代社会において、機密情報の取扱いは最重要事項

です。

それに伴い、機密の抹消や適正なリサイクルのニーズはますます増えると考えられます。

全国RDVシステム協議会は機密抹消サービスのプロフェッショナルとして、

お客様のニーズに応えるサービスの提供に努めて参ります。

3/15 2012年度ISMS委員会総会が開催されました

2013年03月19日

3/15(金)東京八重洲ホールにて、本年度のISMS委員会総会が開催されました。

 

第1部は、2012年度の活動や予算消化状況の報告、ISMS運営状況報告等、本年度の動きの報告が行われました。

第2部は、2013年度の活動案や予算案に関しての協議が行われました。

第3部は、今後の全国RDVシステム協議会の取組みに関して、議論が行われました。

 

終始和やかな雰囲気で会議が進行し、非常に有意義な会議になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい雰囲気で会議が進行しました。皆さんいい笑顔です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく協議会に入会した共同システムサービスの伊藤MMも参加されました。

サーベイランス審査が始まります!

2012年07月06日

『バカがつくほど真面目に几帳面に丁寧に!!』
ISO広域認証を取得しておりますRDVでは、定期審査(サーベイランス)が始まります。

公的機関による定期審査(サーベイランス)は1年毎に1回、更新審査は3年毎に1回の受審が必要です。
機密処理に対して真面目に取組むRDVが定期的に行う、健康診断の様なものです。
7月9日より開始されます。
ロゴ

2011年度 協議会総会が終了しました。

2012年07月02日

◆2011年度 協議会総会のご報告

 

2012年6月29日(金) 東京八重洲ホールにて「2011年度 全国RDVシステム協議会総会」が開催されました。

第1部は、協議会事務局長より、2011年度の活動報告・出納・などの報告がされました。

第2部は、協議会運営部担当者より、2012年度の新たな動き、今年度の目標などが発表されました。

 

【事務局長からの報告の様子】                 【活発な意見交換が行われました】

 

全国RDVシステム協議会では、Facebookも登録いたしましたので、ぜひご覧下さい。

RDVのFacebookはこちらからどうぞ。 ⇒  https://www.facebook.com/rdvsystem

プロフィール写真

石川ミリオンスターズが紹介されました!

2012年06月26日

全国RDVシステム協議会は、BCリーグの石川ミリオンスターズを応援しています!

産経新聞に記事が掲載されましたので、ご紹介いたします。

 

世界初!独立リーグ日米相互交流戦開催!

①  http://sankei.jp.msn.com/west/west_sports/news/120619/wsp12061912410006-n1.htm

②  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120620-00000549-san-base

③  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120618-00000093-san-base