機密情報の保全と再生資源化を目指す、RDVシステムの協議会概要やアクセスマップについて

  1. トップページ
  2. 協議会概要

協議会概要

ごあいさつ

RDVシステム協議会代表 松本 敏治

名前にある「RDV(リサイクル・ドメイン・バリュー)」は、リデュース・リユース・リサイクルの環境3Rへ付加価値を提案・提供するという意味です。

全国RDVシステム協議会は、国内の機密抹消サービスのスタンダードを目指し、1999年4月に設立されました。当協議会の設立以前は、紙ベースの機密書類と言えば焼却処分が一般的でしたが、当時大問題となった焼却炉からのダイオキシン排出問題や、世の中の環境意識の高まりにより、焼却をしない廃棄物のリサイクル処理に可能性を見出しました。

機密を守りながらリサイクルできるよう、当協議会におけるシュレッダー処理では、通常行われているリサイクル不能な「カッティング」処理ではなく、「ひきちぎり」処理を行っております。これにより、紙の繊維を壊すことなく、情報の機密性を保持したままリサイクルに回すことが可能となりました。

そして現在、当協議会は全国に拠点を約50ヶ所保有し、紙リサイクルでは年間100万トンと、業界屈指の実績と活動領域を誇っております。

全国RDVシステム協議会

また、当協議会では、ISO27001の規定に基づき、機密の取扱いと機密媒体のリサイクルにおいて徹底的な教育を受けた者に「シュレッドマスター」の資格を与え、その資格保持者にのみ、お客様の大切な機密文書・メディアをお預り・抹消させていただいております。

「機密を守って、リサイクル!」を合い言葉に機密を保全し、適正なリサイクルルートに乗せ、循環型経営・社会のお手伝いをしていきます。

全国RDVシステム協議会
事務局 松本 敏治

シュレッドマスター 5つの誓い | 1.私たちは、お客様の機密保全を使命とし、最優先に考え対応します。 2.私たちは、お客様のリサイクル活動の良きパートナーとなります。 3.私たちは、お客様の信頼を得る多美に服装・身だしなみ・対応・言葉使い・時間厳守を心掛けます。 4.私たちは、全国RDVシステム協議会の一員であることを自覚し、規律を守り、その発展に寄与します。 5.私たちは、RDVシステムを通じ、高度情報化社会・循環型社会に貢献します。

事務局概要

商号 株式会社RDVシステムズ
代表者 代表取締役 松本 敏治
役員名 取締役 植松誠一郎((株)植松商会)
取締役 大久保信隆((株)大久保)
取締役 寺松哲雄((株)ペーパーリサイクリング)
監査役 佐藤清隆((株)丸佐商店)
事業内容
  1. 全国RDVシステム協議会の運営事務局
  2. 機密文書・重要書類等のオンサイト・シュレッダーサービス、回収搬送サービス、センター処理サービス
  3. 光・磁気メディアの出張消去サービス”OnsiteZERO”、回収搬送サービス、センター処理サービス
  4. ISO27001運用管理
  5. PC・メディア等の買取(宮城県第221020001522号)
  6. リサイクル商品等の販売
  7. RDVシステム、ZEROシステムの開発及び販売
  8. ウォーキングフロアの販売
設立 2000年5月1日
資本金 3,550万円
登録社数 22社(2013年9月現在)
シュレッドマスター数 176名(2012年8月現在)
所在地 〒984-0816
宮城県仙台市若林区河原町1丁目3-24
電話・FAX Tel:0120-738-674
Fax:0120-741-081
E-mailアドレス info@rdv.jp
ホームページ http://www.rdv.jp

D&B D-U-N-SR Registered™(ダンズレジスタード)に登録

D&B D-U-N-SR Registered™(ダンズレジスタード)は、D&Bと東京商工リサーチの厳正な審査を通過することで発行されるシールで、世界200ヶ国超、2億1,244万684件の事業所にDUNSナンバーが付与されており、信頼の証となっております。

国内だけでなく、海外向けのお仕事をされている企業様などでも、機密文書・機密データの廃棄などをご検討しておりましたら、どうぞ全国RDVシステム協議会へご連絡をお願いいたします。

ダンズレジスタード

詳しくはこちら

ISO27001の認証

全国RDVシステム協議会の沿革

1999年4月 全国RDVシステム協議会を11社により発足。
2000年4月 協議会の運営事務局として「株式会社アールディーヴィシステムズ」を設立。仙台市太白区長町南に事務所を置く。
2001年3月 JQA(日本品質保証機構)の”リサイクル処理センタ安全対策適合”の認証取得に着手。
2002年5月 JQAにて”RDVシステム(オンサイト処理における)リサイクル処理センタ安全対策適合基準”が制定。 これを機に、統括監査として協議会メンバーに国内初の車載搭載型システムでの同基準の認証取得が実現。
2002年8月 RDVシステムの発展のために協議会内に安全対策組織として「JQA委員会」を設立。
2005年7月 出張データ消去サービス「OnsiteZERO」が経済産業省の新連携事業に認定される。
2005年12月 二室構造型RDVシステム車両開発。
2006年1月 社団法人東北ニュービジネス協議会 東北ニュービジネス大賞奨励賞を受賞。
2006年2月 出張データ消去サービス「OnsiteZERO」サービス開始。主要都市8社にて展開。
2006年9月 無料HDD診断ソフト「Dr.ZERO」配布スタート。
2006年11月 ISO27001取得準備に着手。
2007年2月 東北IT経営応援隊事務局より「東北を元気にするIT経営応援者」に認定される。
2007年2月 東北6県と新潟県にてOnsite ZERO HDD換装サービスを開始。
2007年3月 仙台市青葉区荒巻に事務所を移転。
2007年3月 「株式会社アールディーヴィシステムズ」から「株式会社RDVシステムズ」に社名を変更。
2008年9月 ISO27001 全国広域認証 取得(JQA-IM0595)。
2010年4月 経済産業省東北産業経済局 東北地域環境ビジネス企業データ集「環境ビジネスに取り組む企業187社」に選ばれる。
2010年11月 仙台市青葉区中央に事務所を移転。
2011年5月 経済産業省大臣より震災復興協力の感謝状授与。
2011年9月 ISO27001更新。合わせて、回収搬送による裁断およびデータ消去に関する項目を新規取得。
2011年10月 協議会メンバー42社(うち裁断登録店23社、資源化登録店17社)、ZEROサービス拠点9社にて展開中。
2012年3月 運営事務局の株式会社RDVシステムズ及び常任幹事会社の金沢紙業株式会社、株式会社大久保、株式会社モリオト、株式会社ペーパーリサイクリングの5社がNAID®(ネイド)に加盟致しました。
2015年7月 仙台市若林区河原町に事務所を移転

アクセスマップ

所在地

宮城県仙台市若林区河原町1丁目3-24

交通案内

  • 地下鉄南北線 河原町駅南1出口から徒歩8分
  • 七十七銀行河原町支店が角の信号を左折(河原町商店街を通過)
  • 約160m直進して一つ目の信号がない十字路を右折
  • 約50m直進して右側の大和第2ビル敷地内に入り直進
  • 左手自転車置き場前が会社

大きな地図で見る

機密文書抹消のお問い合わせ

このページの先頭へ